Littledogman’s diary

気ままに書いています

ポエムをば

この道をまっすぐ行くと
稲穂のように輝く人が待っている

そこを曲がると
見たことのない風景が広がっている

君が金色に染めていく道