読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Littledogman’s diary

気ままに書いています

尾道の古本屋&デニム巡り

尾道の古本屋&デニムの旅】※長文
主に尾道の古本屋巡りをしました(^ ^)

 

まずは階段をトントン上がって
三軒屋アパートメント2階の『ホホホ座コウガメ』さんへ♩

f:id:Littledogman:20170130000720j:image

 

山崎ナオコーラさんの「かわいい夫」というエッセイを購入。
初めて腰痛を訴えたら、母に笑われ夫に小説ネタにしたら?と同情されないクダリが面白くて。
素敵なリトルプレスもたくさん置いてありました。

 

次に、コウガメの優しい店員さんに薦められた「紙片」なる本屋へ向かいます。

時計じかけの看板からして怪しかったのですが、灰色漆喰の店内はギャラリーよりもアートを感じる空間でした。

 

f:id:Littledogman:20170130000743j:image

f:id:Littledogman:20170130000910j:image 

 f:id:Littledogman:20170130000944j:image

天井から棚が釣られていて
本を手に取ると揺れる…
そのせいもあり詩集を一冊購入。

この古本屋で、面白い出会いがありました。
1軒目の本屋で会ったアメリカ人が本棚を見ていたので
「私がさっきトイレをガイドしたよね?」と話しかけたら
「おお、また会ったね、キミも古本屋巡り?」

彼はこれから恋人と、三軒目の“弐拾dB(にじゅうでしべる)”というお店へ行くんだとのこと。

もしかしたら、また会えるかもね
と手を振って別れた。

「紙片」の店主さんは
寡黙な感じのカッコいい感じの人で、さいしょ話しかけづらかったけど、お会計の時に聞くと、お店のデザインの事を親切に教えてくれました。

 

そして商店街を進んでいくと、尾道デニムプロジェクトのお店がありました。

おそるおそる入ると、笑顔の素敵な店員さんがいて、一本一本のデニムにまつわるストーリーについて教えてくれました。

シェフのデニムの裾にキラ星のように点が散らばっているのは、掃除の時にブラシがはじいてしまった洗剤が付いた痕。
ブランド戦略家の太ももの処が色落ちしているのは、飛行機などで移動する際に、パソコンなどを置いていたから。

など、様々な職業の方に履いてもらったデニムを店頭に並べて販売していました。
協力者に2本のデニムを渡して、交代で履いてもらい、週に一回訪ねていって回収し、島根県の洗濯屋さんへ出す。
それを一年〜二年繰り返すという途方も無く根気の必要な仕事が生み出した特別なモノ。

f:id:Littledogman:20170130001017j:image

好みのデニムに出会ったとしても、サイズ、丈の長さが合うとは限らず、買う方にも運命的な何かしらが求められるそうです☆

 

笑顔の素敵な店員さんに道を聞いて
例の“弐拾dB(にじゅうでしべる)”へ♩

f:id:Littledogman:20170130001035j:image

病院だったという建物へ入ると、待合室だった空間には安価な文庫本が、受付の前にはフライヤーなど、奥の診察室には掘り出し物の本がありました。

昨年できた古本屋らしく、23歳の店長さんは「本も少ないしまだまだ」と言ってましたが、個人的にはここの本が一番心引かれ買いやすかったです。
そしてやはり!アメリカ人の青年と再会しました‼︎

 

尾道を久しぶりに訪れて
若い人にチャンスを与える街って素敵だな♩
どのお店の方も感動的に素晴らしいな〜
と感じました(^_^)☆

 

現代アート展「世界が妙だ」感想

広島市現代美術館へ「世界が妙だ」展を見に行った。

大石大河亜と横山裕一は未知のアーティストだったが、二人の作家を一緒に展示することには、キュレーターのどんな意図があるのか興味があった。

時代が異なるにもかかわらず、どちらの作家も不条理を超えたナンセンスな想像力にあふれていた。漫画も描いていた画家、もしくは絵も描いている漫画家という経歴で、二人の作品は多様で膨大だった。

野暮を承知で作品を分類すると

・漫画的な現代アート横山裕一

現代アート的な漫画(大石大河亜)

・絵画的な現代アート横山裕一

現代アート的な絵画(大石大河亜)

・絵画的な漫画(横山裕一

・漫画的な絵画(大石大河亜)

二人の作品が混交して展示してあって、どちらがどちらの作品か次第に分からなくなっていった。

作家を意識して見ていくのがかえって疎ましく、けっか作品の質だけを辿っていくことになった。

地下で通じ合った二人の作家の感性や脳内想像力がブレンドされていって、頭の中で徐々に一つの作品になっていく。

そんな新しい悦びを味わえた展覧会でした。

f:id:Littledogman:20161110144844j:image

 https://www.hiroshima-moca.jp/tateishi_yokoyama/

 

二人の鈴木さん

鈴木さんと話していた時に不思議なことがあった。

鈴木さんのあるビジョンが、そのまま私に移ってきて、私も全く同じビジョンを持ってしまっていた。

鈴木さんに感化されたのか、話すだけでそのようになったので驚いた。

今日は鈴木さんが職場を退職された日だった。

 

また、別の鈴木さんが

「けんたろうさんは、なぜ学生と積極的に関わるのですか。前から不思議です」

と言った。

胸の真ん中あたりをトンと突かれた感じで、ほんと不思議で、判らないと思った。

この気づきは私にしか意味のないものだけど、重要に思えた。

 

 

 

 

ポエムをば

この道をまっすぐ行くと
稲穂のように輝く人が待っている

そこを曲がると
見たことのない風景が広がっている

君が金色に染めていく道

小説をば

「coffee world」

 

珈琲はおそろしい。

人とつながる半面、人と傷つけ合う。

 

市街の珈琲店に入った。

黒で統一された店内に、まばゆい西日が差し込んでいる。

カウンターの向こう、ホログラムが立ち浮かぶ。

 

「May I help you?」

ブレンドと応える。

 

テーブルに白いコーヒーカップが降りてくる。

底からコポコポ黒い液体が湧いてくる。

あたりが湯気で白く霞む。

 

カップに手をかけると友人たちの幻影が現れ、風景のようにスライドする。

一人をタップして選んで、いつものようにおしゃべりをする。

 

そのうち、付き合っていた女性からノックがあった。

ささいなことが原因で、互いに反目しあっていた。

 

「あなたと争う気はないの。ただ楽しい話をしたくて」

白々した会話が続いた。この珈琲を飲み干してしまおう。

そう思った時、背中を冷たいものと熱いものが同時に走る。

 

床に倒れた僕を、真っ白いシャツの彼女が見下ろしている。

「油断したわね。二度と珈琲を飲むことはできない」

 

天国に珈琲店はきっとある。

白いものに囲まれたお店だろう。

うつろう視界、テーブルの縁から落ちてくる珈琲のしずくを待ち受ける。

 

珈琲は素敵だ。

人と向き合い、時を分かち合う。

 

本と周辺のハナシ

今日は休みだったので公民館のヨガへ行って、その帰り久しぶりに図書館に寄りました。

入口の前に、こんな本面白いですよ〜というコーナーがあって、ここから数冊借りました。
自分が取ってしまって良いのかな〜と、棚の空いてしまった部分に若干の罪悪感を覚えます。

ここさいきん“未読スルー”あるいは“積ん読”の常連ですが、借りるあるいは買うという行為の快感を捨てられません。

本を夢中になって読むという快感を思い出すこともあるのですが、どうしても本を読まなければならない理由もないので、けっきょく全然関係ないことをして夜を過ごしてしまいます。

⚫︎東京の渋谷に「森の図書館」というのがあると知りました。主に夜にあいている図書館で、仕事帰りの方がコーヒーやお酒を読んだりして、ゆっくりできるそうです。行ってみたくあります。

⚫︎先日、岩井俊二さんの「Love Letter」という映画を久しぶりに見ました。
主人公の高校時代に、嫌いだけどなぜか気になるアイツ(漢字もいっしょで同姓同名)が誰も読んでいない本を借りて、まっさらな図書カードに名前を書いていくという遊びをしていました。
実は主人公の名前を書き続けていたのではないか…ラブレターだったのではないか…みたいな!うわー‼︎

⚫︎こないだ高屋町のカフェこかげで、リブライズというシステムで本を借りました。簡単に本のバーコードを作って、Facebook等と連動して借りた人を登録できるネット上のサービスらしいです。
こかげには色んな人が持ち寄った本が置いてあって、なかなか面白いです。自分だったら何を置こうかと考えるのも楽しい♩

⚫︎高松にある喫茶 半空では“本の仲人”というのを始めたそうです。
書き出しの一行だけを紹介して、惹かれるものを読んでもらうそうです。
確かに出だしの文って、一番印象深いかも。


図書館で借りた本は机の上にのったまま、アメトークの動画を「読書芸人」の回を見ています。
続いて、本棚作ってみたいな〜という妄想が始まり「本棚 デザイン」で調べてたりしました。

そんな日常。。。