読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Littledogman’s diary

気ままに書いています

小説をば

「coffee world」

 

珈琲はおそろしい。

人とつながる半面、人と傷つけ合う。

 

市街の珈琲店に入った。

黒で統一された店内に、まばゆい西日が差し込んでいる。

カウンターの向こう、ホログラムが立ち浮かぶ。

 

「May I help you?」

ブレンドと応える。

 

テーブルに白いコーヒーカップが降りてくる。

底からコポコポ黒い液体が湧いてくる。

あたりが湯気で白く霞む。

 

カップに手をかけると友人たちの幻影が現れ、風景のようにスライドする。

一人をタップして選んで、いつものようにおしゃべりをする。

 

そのうち、付き合っていた女性からノックがあった。

ささいなことが原因で、互いに反目しあっていた。

 

「あなたと争う気はないの。ただ楽しい話をしたくて」

白々した会話が続いた。この珈琲を飲み干してしまおう。

そう思った時、背中を冷たいものと熱いものが同時に走る。

 

床に倒れた僕を、真っ白いシャツの彼女が見下ろしている。

「油断したわね。二度と珈琲を飲むことはできない」

 

天国に珈琲店はきっとある。

白いものに囲まれたお店だろう。

うつろう視界、テーブルの縁から落ちてくる珈琲のしずくを待ち受ける。

 

珈琲は素敵だ。

人と向き合い、時を分かち合う。