Littledogman’s diary

気ままに書いています

HoloLens小説

朝起きてホロレンズをかけた。 AR(ポケモンGOみたいな)を観れる装置で、ひと昔はロボコップみたいなデザインでカッコ良かったけど、今は細縁の薄いメガネに進化していて、しょうゆ顔の私にはそれなりに・・・ トイレに座って漫画を読んだら、‘バラの花がふ…

【自分のためのゲストハウス リンク集】

【自分のためのゲストハウス リンク集】 先日、こちらのイベントに参加してみました♩ 『ローカルクリエイター交流会 in 広島 -Guesthouse Caravan- #02』https://www.facebook.com/events/318564398653941/ 全国のゲストハウスを紹介されている前田有佳利(…

ショートカット

昨日、深く関わっていた或る活動から撤退を決めた。 休日だったのでドライブへ行ったが、その事がなかなか頭を離れなかった。 今日は今日で、後悔に近い感情を抱いていたように思う。 夕方に灯油を買いに行った帰り、向かう先の信号が赤く灯ったのが見えた。…

#ただ歩く 新白島駅〜土橋界隈

昨夜、都市の緑化をテーマとしたイベントに、何も考えず参加しました。初めて聞く話ばかりでしたが、とても興味深かったです。 ランズスケープの専門家である井上忠佳さんを講師に、様々な事例が紹介されました。 なかでもイギリスの“ChelseaFringe”というイ…

尾道の古本屋&デニム巡り

【尾道の古本屋&デニムの旅】※長文主に尾道の古本屋巡りをしました(^ ^) まずは階段をトントン上がって三軒屋アパートメント2階の『ホホホ座コウガメ』さんへ♩ 山崎ナオコーラさんの「かわいい夫」というエッセイを購入。初めて腰痛を訴えたら、母に笑われ夫…

現代アート展「世界が妙だ」感想

広島市現代美術館へ「世界が妙だ」展を見に行った。 大石大河亜と横山裕一は未知のアーティストだったが、二人の作家を一緒に展示することには、キュレーターのどんな意図があるのか興味があった。 時代が異なるにもかかわらず、どちらの作家も不条理を超え…

二人の鈴木さん

鈴木さんと話していた時に不思議なことがあった。 鈴木さんのあるビジョンが、そのまま私に移ってきて、私も全く同じビジョンを持ってしまっていた。 鈴木さんに感化されたのか、話すだけでそのようになったので驚いた。 今日は鈴木さんが職場を退職された日…

ポエムをば

この道をまっすぐ行くと稲穂のように輝く人が待っている そこを曲がると見たことのない風景が広がっている 君が金色に染めていく道

小説をば

「coffee world」 珈琲はおそろしい。 人とつながる半面、人と傷つけ合う。 市街の珈琲店に入った。 黒で統一された店内に、まばゆい西日が差し込んでいる。 カウンターの向こう、ホログラムが立ち浮かぶ。 「May I help you?」 ブレンドと応える。 テーブル…

本と周辺のハナシ

今日は休みだったので公民館のヨガへ行って、その帰り久しぶりに図書館に寄りました。 入口の前に、こんな本面白いですよ〜というコーナーがあって、ここから数冊借りました。自分が取ってしまって良いのかな〜と、棚の空いてしまった部分に若干の罪悪感を覚…